FX 比較 妊娠中の痔の治療 忍者ブログ



痔を手術しないで治療するには

1日1分で痔から解放される!【痔獄からの解放】
すでに多くの方にこのトレーニングを実践していただき、
98.7%の方がその効果を実感しています

[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポンサードリンク      


10/22 |
妊婦は温泉に入ってもいい?
妊婦は本当に身体が重い。その上に、痔になってしまった。腰が痛い。股関節がだるい。。。。
温泉にでもつかってゆっくりしたい!・・・というのはたいていの妊婦が一度は思うことではないでしょうか。

しかし、いざ温泉に行くと、いろんな注意書きの中に妊娠中の方はお控えくださいの文字。
ただでさえ妊娠中で神経質になっている妊婦にこの一言はこたえます。

妊娠中は温泉に入ってはいけないのでしょうか?
温泉やスーパー銭湯でもけっこう妊婦らしき人を見かけます。それに温泉に入ったことが原因で流産したというニュースがそれほどあるようにも思えません。では本当のところはどうなのでしょうか。

実は、温泉の成分自体は妊婦に悪い影響はないのです。ただ、温泉の成分とは関係なく、妊娠初期には、妊婦&赤ちゃんは、ちょっとした刺激が原因となり、流産しやすいのは事実のようです。
また、妊娠の後期は、お腹が張りやすかったり、破水したりすることも考えられます。
温泉の注意書きには、様々な人が利用する温泉内で、そういった妊娠中の人のトラブルが起きるのを事前に防ぐという目的があるようです。また、『日本療養泉規定』の中で禁忌症としてあげられている病気や症状は、温泉に関する注意というより、お風呂に入るときの一般的な注意が必要なものがほとんどです。

妊婦の場合、流産、破水に加えて、他の人との衝突、転倒や湯あたり、立ちくらみ、貧血も危険ですので注意が必要です。温泉の温度は自分に合わせて調節することができません。温泉でのぼせて気分が悪くなることも考えられます。42度以上の熱いお湯は子宮の収縮を起こしやすいという説もあります。ゆっくりとつかりたいところですが、少し早目にお湯から上がることも必要かもしれません。妊婦にとっては雑菌も心配です。必ず、お湯に入る前と上がった後にかけ湯を忘れずに。
PR
スポンサードリンク      


12/23 | 妊娠中の痔について

| HOME | 痔の原因を知る>>
忍者ブログ[PR]