FX 比較 妊娠中の痔の治療 忍者ブログ



痔を手術しないで治療するには

1日1分で痔から解放される!【痔獄からの解放】
すでに多くの方にこのトレーニングを実践していただき、
98.7%の方がその効果を実感しています

[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポンサードリンク      


12/17 |
妊娠中の痔の治療
妊娠・出産で痔を経験した人はちょうど半数といいます。
痔の自覚がない人の中にも軽度の痔の人や痔の予備軍はいると考えられますので
半数以上が痔を経験してあたりまえのようです。

痔の原因は、便秘、分娩の時のいきみが多いようです。
妊娠中は便秘予防に心がけたいものです。
妊娠中には便をするときに力を入れにくいこともあったりして、便秘がちになるものですよね。そのために、痔になってしまったり、普段からあった痔が妊娠によって悪化したり、出産のいきみで悪くなってしまったりすることはよくあることのようです。

妊娠中の痔に多いのはイボ痔と切れ痔の2つ。
子宮の重みで肛門周りの血流が悪くなり、血管がコブのようになってしまったのがイボ痔。
妊娠中になりやすい便秘で、便が硬く出にくくなり、肛門が切れて出血してしまうのが切れ痔です。
また、もともと痔を持っていたのに気がつかず、妊娠・出産によってお腹の重みや、出産時のいきみで痔が出てきたという場合もあります。

出産後の痔は、出産時のいきみでもともとあった痔がでてきてしまったり、出産の傷の痛みで便を出す時にいきみににくくて便秘になる、赤ちゃんに母乳を与えることで水分不足になり便秘になることなどから、痔になりやすくなります。
妊婦の痔・妊娠中の痔はごく普通の事です。しかし、知識が無いばかりに「痔」の症状に驚く妊婦が多いのが実情です。
 
★妊娠中の痔の治療★
「便秘を防ぐ」
便秘は、痔の原因や痔を悪化させていきます。
硬い便が肛門を通過したり、便を出そうとした時に痔が痛くて肛門に力を入れられないと、ますます便秘になってしまい悪循環になります。
食生活や運動不足などを見直し便秘にならないように気をつけましょう。

「温めて血行をよくしよう」
痔は、肛門周りの血流が悪いことでなりやすくなります。
お風呂やシャワーなどで、お尻の周りを温めると痔の予防や痔の痛みを和らげることができます。
また、長時間同じ姿勢を続けるのも血行を悪くしますので適度に身体を動かすのも大切なことです。
冬場、トイレが寒い場合は、寒さで肛門の筋肉が緊張して便も出にくくなるので、トイレ暖房機などでトイレの中を温かくしておくのも便秘の予防⇒痔の予防におすすめです。
自力で痔を治療する方法

「痔になったら、清潔にしておこう」
痔になってしまっら、痔を悪化させないために肛門を清潔にしておくのが大切なことです。
毎日お風呂やシャワーなどで清潔にするのはもちろんですが、排便の都度、清潔にしておきましょう。
一番良いのがウォシュレットです。
家にウォシュレットがない場合は、清浄綿や、赤ちゃんのおしりふきで優しくふき取るようにしましょう。
痔になってもならなくても、トイレにベビー用のウェットティッシュタイプのお尻拭きを置いておくと便利ですよ。
 ★痔の悩みを本気で解消したいかたは↓↓↓をご覧ください。
自力で痔を治療する方法

PR
スポンサードリンク      


12/06 | 妊娠中の痔について

<<妊娠中の痔 | HOME |
忍者ブログ[PR]